後悔しないために

ワークライフバランスという考え方の元に、ゆとりのある人生を求める風潮が続いています。都会で働く20代の半数ほどは、地元での生活を希望するとのアンケート結果もあるほどです。もちろん実行するのは簡単なことではありませんが、それでもUターン転職を実現している人も多いものです。その全てが希望通りの生活となるわけではありませんし、地元での転職が決まっても上手くその風習に馴染めないというケースもあります。Uターン転職をしてから後悔しないように、どのような点に注意すれば良いのかを知っておくことも大切です。

まず多くは、都会よりも少ない収入に戸惑うものです。平均で年収が100万円ほどは下がるというデータもあります。もちろん、地方は家賃や食費などの生活費の物価は安いものです。けれども、日用品や通信費などは全国的にそれほど変わりは無いものです。逆に日用品は都会の方が安売り店などで安く購入できることもあります。

また、転職と転居を同時に行うのも難しいものです。タイミングが上手く合えば良いのですが、どちらも自分の思う通りにスケジュールが進むとは限りません。どちらかと言えば住むところを先に確保するために、当面の生活費を確保しておく必要があります。もちろん、引っ越しの前に転職の目処はつけておくことが前提です。引っ越しをしてから職を探そうとするのはリスクが大きいものです。そのスケジュールをどう立てるのかも、Uターン転職の難しさのひとつとなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です