しっかりと準備をして臨む

幼い頃から長く生活してきた場所は、大人になってからも思いで深いものです。高校や専門学校、大学への進学、就職といった理由で離れていた期間があったとしても、いずれは地元で生活したいと考えている方の割合は決して少なくありません。

地元に戻る時期としては、就職や転職する際が多いようです。就職の場合は、社会人になるあたって地元へ戻るということで、タイミングとしては良いきっかけだと言えます。また、若い人材ということで、地域や企業としても長期的な視野で育成することができます。

一方で、地元から離れて就職し、Uターン転職という理由の場合は、就職時よりも採用のハードルは高くなっています。その理由は、単純に中途採用になるからです。中途採用は経験のある人材、つまり、即戦力を求めている企業が多いです。これは、特定の地域に限定したことではなく、全国的に言えることです。

ですから、長く生活してきた地元へのUターン転職だったとしても、転職の準備は充実させておくことが大切です。転職する際の理由作りや自己分析、企業分析、応募種類の作成、面接対策など、準備すべきことはたくさんあります。準備を充実させるためにも、地元出身だから選考で有利になるという甘い考えは持たないようにしましょう。甘い考えを持って準備を怠ると、採用試験のフィールドにすら立てなくなる可能性だってあります。

ただし、地元出身の事実は、選考においてプラスに働く可能性が高いことも事実です。選考する企業から見ても、地元出身ではない者よりも、地元出身者の方が地元の歴史やイベントを知っていること、土地勘があることなど、仕事上で活かせる点は多いと判断する場合が多いからです。だからこそ、しっかりとした準備をし、プラスアルファとして地元出身というポイントをアピールするようにしましょう。Uターン転職を成功させたい人は、こちらのサイトも参考にしてみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です