事前のリサーチとタイミングが大事

近年、Uターン転職を希望する若年層が増えているそうです。自然溢れる環境の中での生活を求める傾向が強くなっているそうですが、Uターン転職を実現するためには様々な課題をクリアしなければいけません。

仕事探しと住居探しを同時に行うために、そのタイミングをどのように合わせるのかが大きな問題となります。しかも現地に足を運ぶとなると交通費もかかりますし、また時間の確保も必要です。実家に間借りできれば良いのですが、そうでなければ賃貸物件を早めに押さえておく必要が出てきます。

また、Uターン転職が決まった後の生活のことを考えておくことも大切です。都会は交通網も整っているので意識することはありませんが、地方都市となると車が必要になる地域もあります。何かと物価が安いイメージがありますが、車の維持費はそれなりにかかります。駐車場の確保も必要になりますし、ガソリン代は特別安くなるわけではありません。また物価に関しても日用品は特別安いわけではありませんし、逆に高くなるものもあるのです。ガスも都市ガスではなくプロパンガスを使うところも多いですから、ガス代は高くなりがちです。

仕事探しも、距離があるためになかなか難しいです。Uターン転職に特化した転職サイトもあるので、そういったものを有効利用すると良いでしょう。また、都会の会社で積み重ねたキャリアを高く評価されることもあります。求人そのものは少なくても、好条件で採用されるケースも多いので、自己アピールをどのように行うのか作戦を練っておくと良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です